求人を応募しながら思うこと。

ITスクールに入校するということは、有料求人紹介所に行くようなものなのですが、そのシステムをうまく活用するためには、そこでうまくコミュニケーションを取ることが大切です。これまでスクールに関わってきた人がスクールを懇意にするケースが多く、色々な情報を持ってきてくれるようです。コミュニケーションに関しては、私の場合は特殊ではありますが、それなりにうまくやれているように思います。ただ、最初は、自分の力で就職活動を行い、情報収集していく方法を選ぶことにしました。

企業訪問を行い、情報を得ても、うまく活かせない、せっかく得た情報を右から左に流してしまう人がいますが、今の時代はそれでは上に上がれません。商売に繋がる、技術に関する情報は貴重です。資金面に余裕のある企業がアイディアを盗み、製品化してしまう、ということも起こります。今企業が持っている技術でできそうかどうか、できるのであれば製品化してしまった方が早いじゃないか、ということです。資金に余裕のある企業はルーチンワークの仕組みが整い、時間にも余裕があります。そこで、発案はよそに任せつつ、今行っている事業は継続して行う、ということを実行します。自分達で発案しなくても、提案者はそこらじゅうにたくさんいます。

Copyright 2018 職種を選び求人情報を探すことについて All Rights Reserved.